↓↓記事の続きは広告の下からです↓↓
 
 
↓↓↓ 記事は、ここから ↓↓↓
 

うつやパニックの症状は1日卵3個食え

うつやパニックの症状は1日卵3個食え

no title
1: 名無しダイエット 2017/08/10(木) 17:13:20.79 ID:IcZzAKDT0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
うつやパニック障害の症状を訴えてきた患者さんに、投薬治療とともに、鉄分を補う栄養療法を行いました。 
すると4カ月目あたりから鉄不足が解消され、少しずつ元気を取り戻して、薬を手放すことができるように。その後、日常生活を快活に送ることができているという報告が相次いでいる。

■1日に卵を3個食べる 

たとえば、朝はサラダに目玉焼きで1個、夜は卵焼きで2個など。卵は生ではなく、加熱すると食べやすい。量を取るためには、食べ方を工夫するとよい。 

「毎日、同じ卵焼きを食べていると飽きてしまいます。そんなときはトッピングを工夫するのがコツ。生クリーム、じゃこ、明太子、 
チーズなど、日替わりで中身を変えて食べると飽きません」(藤川先生・以下同) 

■ヘム鉄が多く含まれる肉・魚を1日200g食べる 

1食70gを目安に牛肉、豚肉、鶏肉、魚をローテーションにする。
例・「鶏肉」焼き鳥のレバー、親子丼/「牛肉」野菜炒め、ステーキ、 
しゃぶしゃぶ、タン塩焼き/「豚肉」しょうが焼き/「魚」カツオやマグロの刺身、サンマの塩焼き、サケのムニエル。 

「お金をかけたくない人は、豚のこま切れを使った野菜炒めもおすすめです」 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170810-00010004-jisin-soci

続きを読む

コメントは受け付けていません。

 
↓↓↓広告の下から関連記事↓↓↓
↓↓↓人気記事(PCは右側)↓↓↓
↓↓ジャンル別記事(PCは右側)↓↓
 

カルボシステイン

このページの先頭へ

-->