↓↓記事の続きは広告の下からです↓↓
 
 
↓↓↓ 記事は、ここから ↓↓↓
 

体の不調は冷えにあり!「冷え性」に効くおすすめヨガポーズ


▼冷え性にとってツライ時期になってきました・・・

運動してるのに冷え性治らなくてツライ(>_<)

指先足先がキンキンになる冷え性にはツライ季節になりました。初老です!

おはやう世界☀️

寒すぎて本気ツライ冷え性にはたまらん〜もうはやく帰って温まりたーい

▼そもそも「冷え性」とはどんな状態なのか?

冷え性と言われてもいまいちピンとこない人もいるかと思います。自覚症状がない人もいるんじゃないでしょうか?

手や足の先などの四肢末端あるいは上腕部、大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態

冷え性は、姿勢の悪さ・筋力不足・ストレスなどの原因によって引き起こされます

冷えは、血行が悪くなったことが一番の原因です。生活環境や食生活、運動不足などにより血行不良になると、心臓から遠い手足から冷えが始まる

血流が悪くなっていたり、毛細血管が減っていたり、ホルモンバランスが乱れていたりと、実際に体の中に何かしらの異常が出ている状態が冷え性

冷え性は寒がりと違って、温めてもすぐに体が冷えてしまったり、どれだけ着込んでも体が温まりません

▼冷え性が引き起こす体への悪影響

冷え性はただ体が冷えて温まらない、手足などの末端が冷えるというだけではありません。体の不調の原因は「冷え」からくるといわれているので実はとても重要なんです

「冷えは万病の元」と言われるように、体の不調のサインは体の「冷え」からはじまりまります

冷え性に伴う慢性的な血行障害が原因で、胃痛、便秘、しもやけ、腰痛、神経痛、肩こり、肌あれなどが起きうる

免疫力も低下し、新陳代謝も悪くなり、美容や健康面で多大な影響を与えます

不妊や生理不順、生理痛などもその一つ。子宮や卵巣は特に冷えの影響を受けやすい部分ですから、特に注意が必要です

▼そんな時には温活!とくにヨガがおすすめ

冷え性は生活習慣の乱れを改善したり、食生活を見直したりして症状がよくなることもありますが、特におすすめなのがヨガ。
ヨガは普段使われない筋肉を使ったり自律神経を整えたりしてくれます

温活とは最適な体温に基礎体温をあげる活動のことです。近年の人は基礎体温が昔の人より低く、冷え性の人が多い傾向です

基礎体温が1℃上がると免疫力は5~6倍アップするそうですよ。そして代謝は10~20%もアップするのです!!1度の差はあなどれません

ヨガは、体の中でも普段はあまり使っていない筋肉を動かします。さらに骨や関節の位置を正しい場所へと戻すことで、内臓や血流を動きやすくしてくれます。そうすることで、体の中の働きが促進されて、冷え性が予防できるようになります。

▼冷え性に効果がある!自宅で簡単にできるヨガポーズ

□下を向いた犬のポーズ(ドッグポーズ)

他にも、二の腕・太ももの引き締め、バストアップ、ヒップアップがあります♪

① 四つん這いの姿勢になり、手は肩幅、足は腰の幅くらいに開く。太ももと腕はまっすぐにし、床と垂直になるような姿勢に。
② 両手を前に伸ばし、ゆっくりと息を吐きながら膝を持ち上げて足を伸ばす。
③ 体と床で三角形を作るイメージで、腰を高く上げて全身を伸ばしていく。
④ 肩や首の力を抜いたままキープ。5回深呼吸をして、ゆっくりと元の姿勢に戻る

□バッタのポーズ

背筋、臀部、腕の後ろ側と脚の強化・肩、胸、腹、太腿のストレッチ・姿勢の改善・腹部組織の活性化・便秘解消などの効果があるみたいですよ

1、仰向けに寝ます。
2、手足と顔をゆっくり天井へ持ち上げます。お尻の筋肉を使っていることを意識します。またお腹の筋肉も引き上げて!

コメントは受け付けていません。

 
↓↓↓広告の下から関連記事↓↓↓
↓↓↓人気記事(PCは右側)↓↓↓
↓↓ジャンル別記事(PCは右側)↓↓
 

カルボシステイン

このページの先頭へ

-->