↓↓記事の続きは広告の下からです↓↓
 
 
↓↓↓ 記事は、ここから ↓↓↓
 

これショック。。老化しやすくなる「身近な朝食」がコワイ


朝食にホットケーキってダメなの!?

というのも、ホットケーキは、強い毒性を持ち老化を進める“AGEs”ができやすい料理だからです

AGEは「終末糖化産物」の略語で強力な"老化促進物質"の一つです。増えたAGEは体を構成する蛋白質にくっつき、その機能を低下させてしまいます

小麦粉・卵・牛乳などたっぷりの“タンパク質”に“砂糖”が加わり、それをフライパンで“高熱で焼く”というAGE化しやすい条件が勢ぞろい

皮膚にたまればシワやシミのもとに。髪の毛もほぼタンパク質からできているのでAGEがたまるとコシのないパサパサの髪に

脳の老化であるアルツハイマー型の認知症、血管の老化である脳梗塞や心筋梗塞、骨の老化である骨粗鬆症などのリスクも高まります

こんな朝食にもAGEがたっぷり

水分を飛ばし、高温でカリカリに焼くベーコン。この美味しそうな焼き色はAGEをたっぷり含んでいるサイン

前述のAGEsはもちろんのこと、血管の老化を促進する“トランス脂肪酸”が多く含まれています

AGE以外にも注意したいのが…

シミやシワなどの光老化を招く危険な果物が存在するのです。その果物は、オレンジやグレープフルーツ、レモンにキウイ、みかんなど朝食に引っ張りだこのフルーツたち

含まれる“ソラレン”という物質が、紫外線を吸収しやすくしてしまうため、シミやシワができやすい状況を招いてしまうのです

特に柑橘類の皮の部分にソラレンが多いので、スムージー、マーマレード、レモンの蜂蜜漬けのように、皮ごと食べる時に気をつけなければなりません

私たちの体に備わっている若返りホルモンである”パロチン”は、咀嚼することで生まれるのだそうです。特に一番分泌されやすいタイミングが、朝なんだとか

ちなみに朝食抜きもヤバイらしい

実は朝食を抜くと、肌の老化促進を招き、脂肪が蓄積されやすくなってしまいます

食べる人と食べない人とでは、10年後には見た目年齢に大きな差がついている可能性もあります

老化防止になるのが、じつは「お米」

コメントは受け付けていません。

 
↓↓↓広告の下から関連記事↓↓↓
↓↓↓人気記事(PCは右側)↓↓↓
↓↓ジャンル別記事(PCは右側)↓↓
 

カルボシステイン

このページの先頭へ

-->