↓↓記事の続きは広告の下からです↓↓
 
 
↓↓↓ 記事は、ここから ↓↓↓
 

美容にも便秘にもアトピーにも☆オリゴ糖ってどんなもの?


天然の動植物中にもともと含まれているオリゴ糖は、ほとんどがスクロース、ラクトース、トレハロース、マルトースなどの二糖類であり、三糖類より多くの糖が結合しているものの量は少ない。 天然から見出されているものとしては三糖類ではラフィノース、パノース、マルトトリオース、メレジトース、ゲンチアノースなど。四糖類ではスタキオースなどが知られている。また、ブドウ糖が環状に結合したオリゴ糖としてシクロデキストリンがある。

100年以上前から、母乳栄養児が人工栄養児よりも下痢などの病気にかかり難く、かかっても軽症で速やかに治癒することが知られていた。1899年、パスツール研究所のティシエ(Tissier)により、健康な母乳栄養児の便からビフィズス菌を分離した事がきっかけとなり、腸内細菌の研究が進み、母乳中のビフィズス増殖因子と呼んでいた物がオリゴ糖であった。数々の研究を経て様々なオリゴ糖が発見された。

オリゴ糖は腸内にいる善玉菌のエサとなってくれるおかげで善玉菌を増えやすくしてくれます。
オリゴ糖は善玉菌のエサになって善玉菌を増やすのが特徴だと言いましたが、これはその人が腸内にもとからもっている善玉菌に対して働きかけてくれるので簡単に善玉菌が増えていきやすいのです。

腸内環境が悪化し、悪玉菌が多い状態では、悪玉菌が出す毒素により肌の新陳代謝を衰えさせ、肌荒れが悪化します。前述の通り、オリゴ糖は腸内環境を正常化し悪玉菌を減らす効果があるため、肌荒れにも効果があるのです。

オリゴ糖をエサとする乳酸菌やビフィズス菌はアトピー性皮膚炎やアレルギーを緩和する作用があるといわれています。アレルギーは人の体に備わる免疫機能が異常反応した際に起こります。免疫機能は人の体にウイルスなどの外的(アレルゲン)が入ってきた際に抗体を作り出しますが、この抗体が過剰に生成されアレルギー反応を引き起こすのです。

また、腸内環境が悪化し、腸壁のバリア機能が弱まっているところからアレルゲンが進入しやすくなり、これもアレルギーを引き起こすひとつの要因といわれています。

乳酸菌やビフィズス菌は、腸壁のバリア機能を高めたり、過剰生成された抗体の働きを抑える働きをもっているためアレルギー症状を緩和することができるのです。

砂糖は口腔内の細菌に消化されることで、歯垢の原因となる物質や歯のエナメル質を溶かす酸がつくられるため、虫歯の原因のひとつになりますが、オリゴ糖には、口腔内細菌によって消化されない、あるいは、されにくい性質を持つものが多く、摂取しても虫歯になりにくいといったメリットがあります。

オリゴ糖がどうして腸内環境の正常化に役立つのかというと、これには腸内の善玉菌が密接に関連しています。

腸内環境を安定させ、消化・吸収を促進する働きをもつのが善玉菌です。しかし善玉菌は、勢いを失うと悪玉菌に負けてしまいます。悪玉菌に腸内を支配されないためには、常に善玉菌の勢力を多数派のまま維持しておかなければなりません。

オリゴ糖は、そんな腸内の善玉菌を増やす役割を担っているのです。

オリゴ糖は、普通の砂糖と比べて低カロリーです。
上白糖などの砂糖1g:約4kcal
オリゴ糖1g:約2kcal
(※種類により詳細なカロリーは異なります)

オリゴ糖の一日当たりの目安となる摂取量は約5グラムです。砂糖で摂取するならばスプーン一杯分なので毎日継続して摂取がしやすいです。

オリゴ糖は、毎日摂り続けていく事で、健康・美容へのサポート効果を実感しやすくなるといわれています。

難消化性のオリゴ糖は、体内で消化・吸収されないといわれているので、摂るタイミングはいつでも変わりがないとされています。

ただ、ヨーグルトと混ぜて食べる場合は、食後に食べるのがおすすめです。
空腹時は胃酸が強く、ヨーグルトの乳酸菌が腸に届く前に胃酸により変質してしまうと考えられているからです。

コメントは受け付けていません。

 
↓↓↓広告の下から関連記事↓↓↓
↓↓↓人気記事(PCは右側)↓↓↓
↓↓ジャンル別記事(PCは右側)↓↓
 

カルボシステイン

このページの先頭へ

-->