↓↓記事の続きは広告の下からです↓↓
 
 
↓↓↓ 記事は、ここから ↓↓↓
 

やってるかも…バストが小さくなっちゃう原因って?


バスト、これ以上小さくなるのはイヤ!という人も多いのでは?
何気なく行っている習慣がバストのサイズダウンに繋がっているかもしれません。

睡眠不足

睡眠中に分泌されるはずの成長ホルモンが足りないとバストが育たなくなる。

乳腺の中には「ラクトゲン受容体」という組織があり、これがバストアップに関わっているのですが…

ラクトゲン受容体に成長ホルモンが送られて作用することで、乳腺が刺激されてはじめてバストアップが可能となります。

成長ホルモンは思春期をピークに分泌が減ってしまいます。そのため、20代以降でラクトゲン受容体ができた場合には、本来ならバストアップするチャンスなのに成長ホルモンが足りずにバストアップできない

姿勢

姿勢が悪いとバストが小さく見えるどころか、本当に小さくなってしまう?

猫背の方で多いのが、肩が内側を向いて
胸部全体が圧迫されている事が多いのです。

なぜ、バストアップしにくくなるかというと、姿勢が悪いと血液などの流れが悪くなってしまうからです。

巻き込み肩になると、背中の筋肉が硬くなり、縮んだ状態に。筋肉が縮むことで代謝が落ちて脂肪がつきやすくなり、バストは垂れやすくなります。

肩が内側に入ってしまう「巻き込み肩」。デスクワークの人は要注意。

アブラナ科の野菜

ブロッコリー
カリフラワー
キャベツ
大根
白菜…など

アブラナ科の野菜はインドールという成分が含まれていて、その働きが「女性ホルモンの分泌を抑制する働き

女性ホルモンが抑制されバストダウンに繋がります。

キャベツは女性ホルモンを促進する「ボロン」と抑制する「インドール」の両方が含まれている。

加熱することで「ボロン」がなくなり「インドール3カルビノール」を含んだ食材に変わります。

キャベツを食べるなら生でないとインドールのみが効果を発揮してしまうかも。

コーヒー

カフェインの持つ覚醒作用や鉄分吸収の阻害が影響してしまう。

スウェーデンで300人の女性を対象に調べた結果、コーヒーを飲む量と胸の大きさには明らかに相関関係があり、特に1日3杯以上飲む人には、飲まない人に比べて平均17%も胸が小さなることが判明!

「女性の中にはコーヒーを飲むことでバストが小さくなる遺伝子を持つ人がいる」

全員に当てはまるわけではないようで、コーヒーには美容効果も報告されているので謎が多いところ…。

喫煙

タバコは体に良くない…というのは有名だけれど、
バストアップにもやはり良くない。

タバコには、ニコチンという物質が含まれていて、これが、女性ホルモンのうち、バストアップに関係するホルモンであるエストロゲンの分泌量を減らします。

喫煙することによって、バストアップに必要なビタミンCを破壊してしまいます。

サイズの合っていないブラジャー

自分のサイズを思い込んでブラを選んでいませんか?
バストサイズは意外と変わってしまう物。
自分のサイズをこまめに確認することが大切。

サイズが合わないブラをつけると、胸が横に流れてしまい小さくなるどころか形も悪くなってしまう

小さいサイズのブラをつけているとクーパー靭帯が切れてしまい胸が垂れる原因になってしまいます。しかも、このクーパー靭帯は一度切れたら元には戻らない

大きいサイズはバスト位置が安定せず、やはりクーパー靭帯を痛める恐れが…。

冷え性

コメントは受け付けていません。

 
↓↓↓広告の下から関連記事↓↓↓
↓↓↓人気記事(PCは右側)↓↓↓
↓↓ジャンル別記事(PCは右側)↓↓
 

カルボシステイン

このページの先頭へ

-->