↓↓記事の続きは広告の下からです↓↓
 
 
↓↓↓ 記事は、ここから ↓↓↓
 

恥ずかしくて言えないデリケートゾーンの悩み(>_<) その原因は...


①かゆみ、ムレ

デリケートゾーンの悩みで一番多いのは、かゆみ、ムレではないでしょうか?特に生理中だと、臭いも気になることかと思います。
対策として、基本は清潔を心がけること。また通気性の良い服装、かゆみが気になる場合はけのかゆみを抑える薬を使用するようにしましょう。

陰部はデリケートゾーンといわれるように、大変敏感な部分です。生理やおりもの、汗によるムレや、下着のこすれなどによって引き起こされる場合があります。

不衛生な状態、皮膚のこすれ

陰部のかゆみの疾患で多いのが、性交渉による感染です。男性でも女性でも、見た目にはわからない感染症があります。その感染している人とコンドームをつけずに性交渉をすることにより、感染してしまうのです。

性交渉による感染も!

湿気に対して対策をしても、収まらない。清潔にしている。薬が手放せない。疾患に当てはまる症状がある。そう感じた方はなるべく早く病院に行って、一度診てもらいましょう。

恥ずかしがらずに病院に行くが大切

②アンダーヘアーの処理

女性の身だしなみの一つとして、アンダーヘアーの処理は欠かせません。下着からハミ出さように処理しなければなりませんが、重要なのは肌への負担をかけないことです。
間違った処理は黒ずみや肌荒れなどの原因となります。

肌に負担が少ない方法は、シェーバーでの処理です。

アンダーヘアが生えている部分は、とても皮膚が繊細です。
カミソリ・毛抜き・ワックスなどの処理方法は、肌への負担が大きく、肌トラブルの原因となるためおすすめできません。

シェーバーで、アンダーヘアをキレイに整える手順をご紹介します。

①蒸しタオルなどを当てて、毛を温めて柔らげる
②処理する形を決める
③処理する部分の毛をはさみ・ヒートカッターなどで短くカットする
④皮膚に手を置いて軽く引っ張りながら、カットした部分にシェーバーを当てる
⑤処理後はしっかり保湿をする

③黒ずみや痛み

デリケートゾーンの黒ずみや痛みを気にする方も多いかと思います。
特に陰部は雑菌が繁殖しやすい部分なので、清潔にすることが大切です。また症状がひどい時は病院で治療することをすすめます。

症状や悩みは、人と比べられず大きさ、色素・黒ずみ、左右差が気になってしまう、パートナーに指摘されてしまった、世間で男性経験が多いなどといった情報を目にしたり、耳にしたり、今後の介護の為に見た目を整えたい、ジーパンをはいた時に違和感を生じる・痛い、炎症しやすいなど様々です。

小陰唇の悩みに悩みを抱えている方も多い

病気を防ぐために日常的に気をつけたいのは、陰部を清潔に保つこと。毎日しっかり洗い、下着は清潔なものをつけましょう。また、疲れやストレスをためないように、きちんと睡眠をとることも大切です。

陰部の痛みに繋がる病気を予防するには

④おりもの状態

生理中ときのおりものの状態を気にしたことのある方も多いのではないでしょうか?
おりものの色が黄色っぽくなったり、いつもより量が多いときは体の不調のサインなので、早めに病院で診てもらうことが大切です。

水っぽいおりものが流れ出るくらい多い

クラミジア頚管炎の可能性があるので、性交渉は控えて早めに検査が必要

魚の腐ったようなツンとした臭いが強い

雑菌が増えていたり腟内に異物が入っている可能性があります。

ヨーグルト状のポソポソしたおりものが多くて痒みがある

最も疑われるのはカンジダ腟炎。自然に治ることもありますが、何度も繰り返したり痒みがひどい場合は受診し、膣剤などを処方してもらいましょう。

コメントは受け付けていません。

 
↓↓↓広告の下から関連記事↓↓↓
↓↓↓人気記事(PCは右側)↓↓↓
↓↓ジャンル別記事(PCは右側)↓↓
 

カルボシステイン

このページの先頭へ

-->